ホーリーバジルの収穫

DSCN1840

梅雨が明けるのを待って、7月29,30,31日と今年最初のホーリーバジルの収穫です。
水道で汚れや虫を洗い落とし、パイプハウスの中で陰干し。穂の先にまだ花が咲いているのが見られる株をティー用に、花が咲き終わっているものは、種採り用にします。
株元からハサミで切る前に、一株一株を麻ひもで束ねていきます。まだ群がってくるミツバチに「申し訳ないね」と言いながら、ホーリーバジルをハグして束ねます。ホーリーバジルの香りに満たされ、幸せな気分いっぱいです。
昨年9月に収穫したものは、長雨のせいでカビが発生し、ティーにはならず、畑の肥やしになってしまったので、今年は、注意をして乾燥させなくてはと、風通しを良くするよう心掛けよう。
今日8月1日、山裾の道端を草刈していると、山のほうからつくつく法師の鳴き声。梅雨が明けたと思ったら、もう秋?。10年日記を広げてみると、7月29日に初鳴きの年もあった。
これからの暑い夏を元気に乗り切ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です